仮想通貨初心者向け|仮想通貨の使い方/使い道を紹介

今回は仮想通貨の売買・取引がほとんど初めて!という、右も左も分からない初心者向けに、仮想通貨の使い方と使い道を丁寧に説明します。多種多様な仮想通貨が流通しているからこそ、その真の目的こそ異なりますが、基本的な取引方法や使い方は共通するところも多いため、是非参考にしてください。

そもそも、仮想通貨とは何を指すの?

そもそも、仮想通貨とは何か。しっかりと定義できるでしょうか。2017年4月に施行された「改正資金決済法」(いわゆる仮想通貨法)では仮想通貨そのもの自体が財産的価値を持つ交換媒体として定義されています。つまりは、お金と同じような意味として定義されるようになりました。

今回はお金と同じように財産的価値を持つ交換価値として定義されるようになった仮想通貨の使い道はどうなるのか?について説明していきます。

仮想通貨の定義 ※改正資金決済法がわからない方はこちらを参考にしてください
  • モノを購入したりサービスの提供を受ける場合に、その代金の支払いのために広く用いることができるものであって、かつ、不特定多数の人との間で売買できる財産的な価値があるもの
  • 電子機器などにデジタルデータとして記録されていて、日本円や海外の通貨、およびそれらの通貨建て資産を除外したもの
  • 不特定の相手とお互いに交換し合うことができる財産的価値で、情報処理ネットワーク(インターネット)を通じてやり取りできるもの

ビットコインの使い道や使い方

ビットコインは投資目的で最初に投資されることが多いかと思いますが、実際、どのような使い道があるのかをご存知の方は少ないのではないでしょうか?数多ある仮想通貨の基軸通貨であり元祖銘柄としてお馴染みのビットコインの使い道や使い方をご説明します。

資産運用

まずはこれまでにビットコインの価格が大きく上昇きてきたことや、仮想通貨業界に明るい著名人が予想していることなどを根拠に、ビットコインを長期保有して資産を増大させたいというニーズがある場合。この場合にはビットコインをウォレットに入れておくだけです。
もしくは、ビットコインを媒介として別の仮想通貨銘柄への投資、運用を行いたい場合には仮想通貨取引所の入金媒介としてビットコインを選択することも可能です。仮想通貨取引所への登録方法や各取引所での取扱銘柄、総合的に評価したおすすめの仮想通貨取引所をまとめた記事がありますので、こちらをご覧ください。

ショッピング

仮想通貨を用いて通常の買い物をすることもできます。特にクリスマスや年明けなど何かとお金が要り用になる今の時期には、強い味方かもしれません。

ビックカメラの実店舗

ここ最近のビットコインブームによりビットコイン決済できる店舗が増えました。今後もより一層ビットコイン支払いが普及していく傾向かと思いますが、現在既にビックカメラの実店舗でビットコインによる支払いが選択可能になっているようです。

ビックカメラでの実際の使い方

ビットフライヤーを利用していて注文金額が100,000円(税込)までのお買いものであれば、ビットコインを利用してお支払いをすることが可能です。
実店舗でのお支払いはとても簡単で、2Stepで支払いができます。

  • STEP.1
    ビットフライヤーのアプリを開いて右上にあるQRコードというボタンをタッチ
    店員さんから提示されたQRコードを読み取ってください。
  • STEP.2
    支払うというボタンをタッチ
    画面に「この金額を支払いますか」と確認が出てくるので、「支払う」をタッチすれば完了

ビックカメラのオンラインショップ

オンラインショップでビットコインを用いてお支払いを行う場合は7Stepで簡単に支払いができます。たったの3分ほどしかかからないので、非常に簡単に支払いができます。

  • STEP.1
    「お支払い方法選択」の画面を選択
    画面からビットコインを選択
  • STEP.2
    「注文を確定する」ボタンを押す
    ご注文内容を確認後にボタンをクリック
  • STEP.3
    bitFlyer社のビットコイン支払画面に遷移
    注文完了画面が表示され、自動でbitFlyer社のビットコイン支払画面に遷移しますので、ページを閉じずに、そのままお待ちください。
  • STEP.4
    「了承する」ボタンを押す
    ビットコイン決済に関する確認項目をご確認の上、ボタンを押す
  • STEP.5
    「bitFlyerにログインして支払う」を選択した場合
    請求額を確認の上、「支払う」ボタンを押してください
  • STEP.6
    支払確認画面が表示
    金額を確認の上、「支払う(取消不可)」ボタンを押してください
  • STEP.7
    お支払い手続きは完了
    支払完了画面が表示されます。これでお支払い手続きは完了です。

公共料金の支払い

最近、ビットコインに対応する公共料金支払いサービスが誕生しました。
仮想通貨取引所「Coincheck」が開始したCoincheckでんきというサービスでは、Coincheckにユーザー登録をすればビットコインで電気代を支払うことが可能になっています。さらにこのサービスにおいてビットコインで電気代を払えば、電気代を4~6%割引してもらえるというプランなので、若干の節約にもなります。それ以外でも、国内最大級の取引所と言われているbitFlyerではガス料金のビットコイン決済プロジェクトが発足しており、近々ガス料金もビットコインで支払えるようになりそうです。近年のキャッシュレス化の波がいよいよ公共料金の支払いにも及んできましたね。

寄付

Coincheckでは「熊本地震被災者への支援」「世界の子どもにワクチンを」などといったテーマに沿ってクラウドファンディングに類似したかたちで仮想通貨による寄付を募るサービスを展開しているほか、bitFlyerではユーザーが寄付用ビットコインアドレスにビットコインを送金するだけで日本赤十字社へ寄付ができる「BITCOIN DONATIONS」というサービスを始めています。世界中どこへでも送金可能、かつ、送金手数料も格安である仮想通貨という決算手段だからこそ、誰かのために何かをできる、そんな在り方は素敵ですね。

アービトラージ

ビットコインは投資と同時にアービトラージを行う方もいます。ビットコインのアービトラージは手数料が安い取引所で購入して、取引所で購入金額より高く販売することでその差分で利益をあげております。ビットコインでアービトラージで収益をあげることは非常にローリスクな方法ですが、工数がかかるため、自動でアービトラージをしてくれるツールを使用する場合もあります。特に私が使っているアービトラージツールはビットコイン以外にも他の仮想通貨などのアービトラージもできるため、利益をうむチャンスが多いですし、ほどんど工数を割かずに利益をあげることができます。

Ripple(リップル)の使い道や使い方

Ripple(リップル)の使用用途についてご説明します。端的にいうとRipple(リップル)の代表的な使途は、ずばり「送金」手段です。法定通貨の代替品としてRipple(リップル)を使用することで銀行の営業時間に関わらず送金ができたり、手数料が抑えられたり、瞬時に送金を完了できるという仮想通貨の特徴を生かして送金を行うことが可能になります。

Ripple(リップル)とは

現在Ripple(リップル)は仮想通貨の市場価値ランキングで第3位にランクインしており、ビットコインとほとんど変わらないチャートの動きを見せることで知られています。Ripple(リップル)は主に送金を目的として開発された銘柄になるため、ビットコインなどの仮想通貨の取引が活発になると価格が上昇し、取引量が減少するとそれに伴って価格が低下するという関係性になっているようです。

Ripple(リップル)の特徴

リップルの特徴は、とにかく送金速度の速さです。
そもそもリップルが開発された目的は、「銀行と提携し、国際送金をより安価でスムーズなものにする」というCEOクリス・ラーセンの思いを実現するためですので、それもそのはずですね。

実際にリップル社に出資している企業は各国の代表的金融機関の他にもGoogleをはじめとする世界的企業が多くその名を連ねており、リップル社と業務提携契約を結んでいます。各種金融機関や世界的企業と協力して実験を進めたり送金用のスマホ向けアプリをリリースしたりと、実用化に向けた動きが活発であることからも高い注目を集めている銘柄になります。

Ripple(リップル)の送金速度はどれくらい?

先にリップルの特徴としてあげた「送金スピード」ですが、実際送金にかかる時間はどれくらいなのかご存知でしょうか。
なんと、Ripple(リップル)の送金にかかる時間はたったの4秒程度であり、即時に決済が完了するため実用的な仮想通貨として期待が高まっています。これはビットコインの送金時間である10分、ライトコインの2.5分と比較しても格段に速い送金スピードであるといえます。

Ripple(リップル)の市場価値予測

Ripple(リップル)の発行総数は1,000億XRPで、ビットコインの発行の上限である約2,100万BTCと比較するとかなり多く設定されています。よって現在はRipple(リップル)の市場価値は25円/1Ripple(リップル)程度とかなり安価に感じますが、Ripple(リップル)はリップル社が提供する国際送金システムで使用される度に消滅していく仕組みになっているので、単価が低くても将来的に希少性が高まっていくことが期待されています。送金に使用するよりも保有していた方がお得なのかも?なんて思ってしまいますね。

仮想通貨を使うときの注意点

仮想通貨を利用して決済を行う場合には、仮想通貨の特徴を理解しておく必要があります。
まずは価格変動が大きいことです。特にビットコインは今後ますます価格の上昇が見込まれる銘柄ですので、安易に利用してしまうよりも長期保有をしておいた方がいい、なんて可能性もあります。

セキュリティー面

ウォレットを提供している各企業はそれぞれセキュリティー面にかなり注力してリソースを割いているようですが、それでもコールドウォレットではない以上ハッキング被害にある可能性は常につきまといます。2段階認証を有効にすることはもちろん、仮想通貨を分散して管理をしたり、パスワードを定期的に変更するなど、ご自身でもハッキング対策は適宜行いましょう

モバイルでビットコインを使用する場合はモバイルウォレットがおすすめ

仮想通貨を保有するために利用されるウォレットにはいくつかの種類があり、大きく①自分のPCのデスクトップ上、②ウェブ上、③モバイル端末(スマートフォンやタブレット)上、④紙面上、⑤デバイス上といったように、保管先の違いによって大別できます。このうち、やはり常に持ち歩くスマートフォン内にインストールできるモバイル端末上のウォレット=モバイルウォレットが最もおすすめです。支払い時や送金時にはQRコードを読み込むだけで手続きが完了しますし、何より持ち運びができて実に簡単です。(スマートフォンを持ち歩かない日なんてないですよね)

おすすめのモバイルウォレット

モバイルウォレットはパソコンがなくても、インターネットさえ接続されていればスマホで簡単に操作ができます。

本日はおすすめのモバイルウォレットについてご紹介します。

breadwallet

breadwalletはiOSにもAndroidにも対応しているウォレットです。海外のウォレットではありつつも日本語に対応しているため、英語が苦手な人でも安心して利用できます。デザインがシンプルで直感的に操作ができますし、秘密鍵を端末で保存する仕様なのでハッキングのリスクも小さいことが魅力的です。

Mycelium

MyceliumもiOS・Androidに対応していますが、残念ながら日本語に対応しているのはAndroidのみです。またbreadwalletと比べてインターフェイスが少し複雑なので、仮想通貨取引に慣れている人向けのウォレットと言えるでしょう。

Copay

CopayはiOS・Androidだけでなくmac・Windows・linuxにも対応しています。セキュリティ・デザイン性が共に優秀で、インターフェイスが洗練された印象を受けました。Copayウォレット内でビットコインの売買もできるのが他のモバイルウォレットとの違いです。

仮想通貨使い方や使い道のまとめ

仮想通貨が広く浸透していく中で用途も多様化したことで、現在仮想通貨の利用方法は多岐に渡っています。まだまだこれから価格の変動が大きいことが見込まれるため、価値交換媒体としての側面よりも投資資産としての色合いが強く出ているように感じますが、少しずつ決算手段としてのインフラが整いつつあるのはいいことですね。今後、2020年には東京オリンピックも開催されることですので、海外からの観光客の反応も気になります。

合わせて読んで欲しい記事はこちら★
>>ジュビリーエース(Jubilee Ace)投資で稼ぐための記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です