仮想通貨の仕組みについて図解でわかりやすく解説

CoinMarketCap上で確認できるだけでも現在市場に出回っている仮想通貨の種類は4500種類を超えます。
その多くは介在価値=用途が曖昧で実用化までにはほど遠いものになりますが、現在仮想通貨市場の24時間の取扱高は7兆円を優に超えており、数年の間でここまでの市場規模に成長した仮想通貨には年々注目が集まっているように感じます。しかし最先端の技術が用いられている仮想通貨の仕組みに関してしっかりと理解することはなかなか難しかったりもするのではないでしょうか。
今回はそんな大きな注目を集める仮想通貨がどのようにして成り立っているのか、その仕組みについて分かりやすく解説します。

仮想通貨とは何か

まずそもそも、仮想通貨はどのように定義されているのでしょうか。
仮想通貨とは、一般的にはネットワーク上で電子的な決済の手段として広く流通しているが、法定通貨との比較において強制通用力を持たない、または特定の国家による裏付けのないものを指します。
※国内では暗号通貨と称されることも多いです。

仮想通貨=特定の国家が発行・管理しない通貨

仮想通貨 中央集権

仮想通貨は日本政府によって、資金決済に関する法律の第2条5項において定義されています。概要としては、電子情報処理によって授受できる「財産的価値」のことを「仮想通貨」と定義しています。ブロックチェーンを用いた仮想通貨はユーザー自身が管理を行うものになるため、特定の政府が発行・管理に関与をすることはありません。(もちろん、特定の政府が特定の仮想通貨の開発・発行を行う場合には話が少し複雑になりますが。)

仮想通貨と法定通貨との違い

法定通貨とは、各国が定めるその国の通貨のことを指します。法定通貨は日本なら日本円、中国なら人民元、のように各国の中央銀行が発行し、管理しています。法定通貨には発行数の上限がなく、その時の情勢に合わせて中央銀行が発行数を決めて調整しています。よってその国の経済や外交状況の指標となるほど、発行元の国と密接に関連して価値が変動するものになります。

一方、仮想通貨の場合、各国の中央銀行のように通貨を管理をする機関は存在しませんし、その価値を担保するために発行上限(数量)が定められています。
また、実際のお金(現金)を用いた場合に比べて決済や送金などの経済活動にかかるコストが圧倒的に安いことや、のちに説明するブロックチェーン技術などを根拠に偽装が困難であることから、正しく用いると利便性・セキュリティ性が非常に高い価値交換基準となり得ます。

仮想通貨と電子通貨との違い

デジタル通貨を「デジタルデータに変換された、通貨として利用可能なもの」と定義した場合、現金ではない電子マネーや仮想通貨といったものが、すべてデジタル通貨にあてはまります。よって広義では仮想通貨も電子通貨もデジタル通過の大枠に入る兄弟ですが、仮想通貨と電子通貨では、法定通貨を基準としているかどうかが異なります。電子通貨はあくまで法定通貨に紐づく通貨である一方、仮想通貨は、特定の国家によって価値を保証されているものではありません。仮想通貨はユーザー同士が取引の承認を行うなど、国に依存しないシステムを構築していますので、この点が大きな違いになるでしょう。

仮想通貨の仕組みについて

仕組み

仮想通貨はその価格変動の幅の大きさから投機対象としても注目を集めていますが、本質的には貨幣システムにおけるある種の革命であり、これまで決済や送金にかかっていた手間を含めたコストを削減または排除し、より高速で安全な経済活動を可能にするものとして実用化に注目されています。
下記では仮想通貨の仕組みと特徴をいくつか説明しています。

送金履歴がわかる電子的な取引証明書(トランザクション)

トランザクションとは、一言で言ってしまえば不正送金を防止する「電子署名」です。例えば、ビットコインでは、仮想通貨の送金(または受け取り)に電子的な取引証明書(トランザクション)を使うことによって、全ての経済活動をブロックチェーン上に記録しています。
アウトプット(送金)とインプット(受け取り)によって構成されたトランザクションは、ただ構成されただけでは送金や支払いなどの手続きは完了せず、マイナーと呼ばれる人がトランザクションを認識し、新たなブロックに追加することで初めて承認され、手続きが完了します。送金時にユーザーが支払う手数料はこうした手続きを処理しているマイナーへの報酬分も含まれていたんですね。

ブロックチェーン

仮想通貨の最も重要な仕組みがブロックチェーンです。
ブロックチェーンは取引台帳とも呼ばれ、仮想通貨を用いて行われた取引が全て記録されます。
仮想通貨は、システムや発行された仮想通貨をユーザー全員が管理する、非中央集権型の通貨です。つまり、ユーザー自身(不特定多数のユーザー全員)が共同で通貨の管理をするため、現行の貨幣と異なり管理主体を必要としません。このようにユーザー全員で仮想通貨を管理することを可能としたのが、「ブロックチェーン」です。ちなみに、現行の通貨の場合、発行元(国家)が通貨を作り、管理主体(銀行)が管理し、国民をはじめとして実際に通貨を使う人の手に渡るという中央集権型になります。
管理主体を必要としないという点において画期的と言われているブロックチェーンですが、その技術を全て理解することはかなり難しく詳細に記載するときりがないため、興味がある方は調べてみてください。

dd

トランザクションの説明時にあった「マイナー」がトランザクションを承認する作業を「マイニング」と称します。マイナーはマイニングを行う報酬として手数料を獲得する構造になっています。

仮想通貨が値上りする仕組みについて紹介

値上がり

仮想通貨はまだまだ価格の変動が激しいので取引をする際にはタイミングが難しいですよね。
取引市場で取り扱いのある仮想通貨が限定されていることが多いため、基本的に仮想通貨市場全体が取引きを行うために用いられるようなビットコインや代表的なアルトコインの動きに連動するようなチャートの動きになります。ここでは具体的にどのような場合に価格が上昇するのかについてを説明します。

上場(ICO)したとき

当然ながら上場直後は注目を集めますので、買い注文を入れる人が多く存在します(=需要が増大) 。同時に、そのタイミングで、ICOしたコインをこれまで投機目的で保有していた人は売りにだしますので、上場直後に急上昇した価格がその後急降下するチャートは珍しくないですよね。特に実用性が伴っていない仮想通貨はこのような残念なチャートになりがちです。
投機目的で保有している場合には等に、売りのタイミングを捉えるためにも、ご自身が保有しているコインの最新情報は常にチェックしておきましょう。

需要が大きくなると予想されるとき

仮想通貨にはそれぞれ開発された目的があります。例えば、リップル(XRP)は国際送金の問題点を解決するために開発された仮想通貨ですし、イーサリアム(ETH)ではブロックチェーンに契約情報を書き込むスマートコントラクトを搭載することによって、各取引の詳細な内容を記録することができるため膨大な取引が円滑かつ正確に行えるようになりました。
つまり、仮想通貨に価値が見出されるのは、仮想通貨自体が持つ機能に対する将来性(=実用化)へ期待される場合ということになります。実用化への期待度や市場への影響度が高いほど、価値の上昇を期待して需要が高まり取引価格が上がるという仕組みになっているため、実用化が現実味を帯びてくると仮想通貨の価格が上昇傾向になります。
こちらもやはり最新の情報をご自身で常に入手することが重要になってきます。

仮想通貨でアービトラージも可能

仮想通貨でアービトラージ

一般的には仮想通貨の高騰を狙って資産を増やしていきますが、その他にも仮想通貨のアービトラージによって資産を増やすこともできます。仮想通貨のアービトラージは取引所の手数料の差分を利用して利益を出す方法ですが、この方法は仮想通貨の価格の変動に左右されることなく、ローリスクで利益をあげることができます。特にジュビリーエースという全自動でアービトラージの取引を行ってくれるシステムがありますが、こちらのシステムは工数がほぼ0で利益をあげることができます。
詳細はこちらの記事を参考にしてください。

合わせて読んで欲しい記事はこちら★

>>ジュビリーエース(Jubilee Ace)投資で稼ぐための記事

仮想通貨が仕組みのまとめ

仮想通貨仕組みのまとめ

仮想通貨では、ブロックチェーン、マイニング、トランザクションなどこれまでの法定通貨にはなかった仕組みが豊富です。仮想通貨を保有するのであれば、ある程度の仕組みを理解しておくことが必須になるため、保有している銘柄ごとに特徴や仕組みを調べておくと良いでしょう。

合わせて読んで欲しい記事はこちら★

>>ジュビリーエース(Jubilee Ace)投資で稼ぐための記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です