仮想通貨投資の評価・メリットについて解説

今回の記事では仮想通貨投資のメリットに関してお伝えします。
仮想通貨投資はわからないことが多く、「知らないことばかりで不安」、「複雑で難しそう」などといった印象を持っている方にこそ読んでいただきたいです。

法定通貨と仮想通貨の違い

仮想通貨投資のメリットについてお伝えする前に、まずはそもそも法定通貨と仮想通貨の違いについて改めてご説明します。
現在では法定通貨と仮想通貨ともに市場で広くその価値が認められ、価値交換媒体として認知されているという点においては類似していますが、誰または何が発行・管理・価値の裏付けを行っているかという点において法定通貨と仮想通貨では大きな相違点があります。

法定通貨

国が発行・管理する中央集権方の通貨が法定通貨であり、日本円や米ドルなどがその代表になります。私たちが普段生活しているときに使用している通貨の大半が法定通貨であり、先に説明した電子マネーも法定通貨の価値に紐づくことになります。

暗号資産

「暗号資産(仮想通貨)」とは、インターネット上で授受可能な財産的価値であり、「資金決済に関する法律」において、次の性質をもつものと定義されています。

  • 不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨と相互に交換できる
  • 電子的に記録され、移転できる
  • 法定通貨または法定通貨建ての資産ではない

暗号資産は、国家やその中央銀行によって発行された法定通貨とは異なり、ユーザー同士が管理・監視を行う非中央集権方の通貨です。また、裏付け資産を持っていないことなどから、利用者の需給関係などのさまざまな要因によって、暗号資産の価格が大きく変動する傾向にある点には注意が必要です。

仮想通貨投資のメリットについて

上記、法定通貨と仮想通貨の違いをご説明したところで、早速仮想通貨投資のメリットに関してお伝えします。
コインマーケットキャップを参照すると、現在5000種類弱の仮想通貨が市場に流通しているようですが、日本の仮想通貨の取引所が取り扱っている仮想通貨は、20種類程度です。単なる通貨であればこれだけの種類は必要ないですよね。それぞれの銘柄がどのような意図で誰に開発され、現在はどのような状況にあるのかを知ることで投資すべき銘柄を見分け、ご自身の資産を大きく拡大させる手段にもなりうるのではないでしょうか。

価格変動により資産運用ができる

現在コインマーケットキャップに掲載のある仮想通貨は4900種類を超え、5000種類の大台にいよいよ迫る勢いでますます市場が拡大しています。
これらの仮想通貨は投資資産として利用することができ、仮想通貨市場の特性の一つである価格変動の大きさから容易に利益を得られる可能性があります。
例えばビットコイン(BTC)は、2010年から2017年の7年間でその価格は百万倍にもなりました。これは仮想通貨が今後成長し続けたら、というIFの話ではなく、実際に起きた事実です。
さらに銘柄を長期で保有し続けることだけではなく、短期間で発生する価格さを狙って売買を繰り返し利益を出していくという投資とも相性が良いです。

少額から購入できる

仮想通貨の場合、購入下限額が無く(手数料を含めて利益を出そうとすると実質的には数百円必要)、元手が少ない方でも投資を始めることができます。現在は資産が手元にない場合にはレバレッジをかけて投資を行うことができる仮想通貨取引所も多いので、少ない資金で大きな利益を生み出すことも可能になっています。
そのため、ローリスクハイリターンが狙え、初心者でも投資を始めやすいのではないでしょうか。

海外送金が安く、早い

仮想通貨の「非中央集権型」という特性上ユーザー間で送金する際にも銀行などの中央機関を介す必要がなく、取引を円滑に進めることが可能です。特に送金を目的として開発された仮想通貨銘柄においては送金手数料が低い上に送金にかかる時間も短く、非常に使い勝手が良いです。特定の国の通貨に紐づかない仮想通貨だからこそ、異国間での送金にも便利です。

24時間売買できる

一般的にトレーダーというと想像されるのは株式やFXなのではないでしょうか。
株式市場は基本的に平日9時~15時のみ開場、それ以外の時間では取引を行うことができない、というように取引の時間が決められています。
一方、仮想通貨の取引所は有人で監視する必要がなく、グローバルな取引を促進するものであるからこそ取引所に決まった休みはなく、基本的に24時間・365日開場しているため、いつでも取引が可能です。株式市場や銀行とは異なり週末や休日でも取引を行えるというのは大きな魅力ですね。

大きな市場拡大余地がある

日本の経済産業省は、「2027年6月までに、キャッシュレス決済比率を倍増し、4割程度にすることを目指す」と発表しています。仮想通貨はインターネット上で取引が完了する通貨なので、キャッシュレスを促進する流れに乗って、今後拡大する可能性が高いと言えるでしょう。現在既に仮想通貨で決済ができる店舗も増えてきています。例えばビックカメラではビットコインを使用して決済を行うことも可能になっていますし、現在の電子通貨に取り変わる決算手段として仮想通貨が広く普及した場合、その価値はますます向上していくのではないでしょうか。

アービトラージにより収益が上がる

仮想通貨市場はこれから大きくなるということ投資している方も多いのではないでしょうか?しかし、価格の変動が激しいため、損失を被る可能性も高く、仮想通貨投資と一緒に仮想通貨のアービトラージを合わせて行っている方も多いかと思います。仮想通貨アービトラージは価格の変動に影響されることが少なく、また、全自動アービトラージツールを使うと、工数をほとんどかけずに、月利10%は稼げる可能性が高いので、仮想通貨投資と合わせて実施すると非常に安定的に収益をあげることができます。

仮想通貨投資のメリットのまとめ

今回は仮想通貨投資を行うメリットに関してまとめました。
仮想通貨そして仮想通貨を運用可能にする最新技術は、誕生してからまだまだ歴史が浅いこともあり、乗り越えなければならない問題点も多くあります。しかし、その技術の斬新さや通貨としての利便性の高さから仮想通貨にはさまざまなメリットや可能性が確かに存在します。
新しいもので知識がないから手を出さない、のではなく、新しい技術で可能性が計り知れないからこそまずはご自身で一度仮想通貨に触れてみる機会を創出していただくと良いかと思います。
別の記事では仮想通貨投資のデメリットに関して説明しているので、ご参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です