仮想通貨チャート分析と見方について解説

今回は仮想通貨の投資をする皆さんにチャートの見方について解説していきます。短期投資をする場合も長期投資する場合もチャートを分析して、投資をすることは非常に重要になってきます。今回は、初心者でもわかりやすいようにチャートの基本について解説していきますので、参考にしてみて下さい。

仮想通貨チャートの基本的な見方を解説


今後、仮想通貨の取引をご自身で行う場合には、市場の動きを捉える必要があります。
今回はチャートを見る上で最低限知っておきたいロウソク足についてご説明します。
その前に、そもそもチャートとは何かを、改めてご説明します。

チャートとは

チャート

端的にいうと、チャートとは、株式や為替など過去のレートの値動きを、価格や時間を軸としてグラフにしたものです。
チャートを使うことでレートの流れがひと目で把握できるようになります。
つまり、取引をどう行うかの判断を行うために市場を俯瞰し今後の動きを予想するときに使うツールになります。いうまでもなく、このチャートというツールを使いこなすことができればできるほど取引を有利に進めることができるので、どのような規則に基づいて生成されるものなのかを把握しておくことが重要になります。

初心者はロウソク足の見方をマスターしよう

ロウソク足

“ロウソク足とは”
ローソク足とは、株式や仮想通貨など金融商品の価格変動をグラフで表す方法のひとつです。

陽線陰線

それぞれのローソク足は四角の柱(「実体」とよばれることもあります)部分とその上下に伸びたヒゲ部分から成り立ちます。これらの部分は単独で「足」と呼ばれることもあり、1 日単位であれば日足、1 週間単位であれば週足、1 ヶ月単位であれば月足と呼ばれます。

ローソク足には四本値と呼ばれる、始値、高値、安値、終値の四つの値が示されています。
これらの中で始値と終値は柱の部分で表現されます。

また、ヒゲ部分で表現されるのは、高値と安値です。高値は最も値段が高かった売買価格を表し、安値は最も値段が低かった売買価格を表します。柱から上部に突き出した線は上ヒゲと呼ばれ高値を示します。
一方、柱から下部に突き出した線は下ヒゲと呼ばれ安値を示します。

陽線について

陽線

1 日、1 週間、1 ヶ月などの期間内で、最初に売買が成立した価格が始値、最後に売買が成立した価格が終値です。
始値より終値の方が高い状態は「陽線」になります。

陰線について

陰線

1 日、1 週間、1 ヶ月などの期間内で、最初に売買が成立した価格が始値、最後に売買が成立した価格が終値です。
終値より始値の方が高い状態は「陰線」になります。

ロウソク足は合計5種類

ロウソク足は合計5種類あります。簡単に説明していきます。

大陽線について

大陽線

大陽線とは、相場がすごく強い事を表わすローソク足です。実体(胴体)の大きい白抜きのローソク足になります。ヒゲの有無や長さなどにより意味合いが微妙に変わります。
株式相場の場合、株価の10%程度であれば上昇期待は高まります。
ヒゲの付き方によって、陽の丸坊主、陽の寄付坊主、陽の大引け坊主など様々な種類があり、それぞれ意味合いが異なってきます。

大陰線について

大陰線

大陰線は、大陽線の真逆で、相場が強い先安感であることを表わすローソク足です。価格が大きく下落した事を示し、市場が極めて弱気になっている結果のサインと読みます。
こちらも、大陽線と同じくヒゲの付き方によって、陽の丸坊主、陽の寄付坊主、陽の大引け坊主など様々な種類があり、それぞれ意味合いが異なってきます。

小陽線について

小陽線

相場が不安定・迷っていることを暗示するローソク足です。実体部分の値幅が株価の3%前後で、ヒゲ(影)がないか、あっても実体の長さを上回らない程度の足型をいいます。あまり市場に動きがない場合に現れるローソク足です。
小陽線は相場が強い先安感であることを表わします。ヒゲが上に付くか、下に付くかなどで意味合いが変わってきますが、一般に強い保ち合いの状態のときに出現し、相場参加者の心理としては気迷いとされます。

小陰線について

小陰線

相場が不安定・迷っていることを暗示するローソク足です。実体部分の値幅が株価の3%前後で、ヒゲ(影)がないか、あっても実体の長さを上回らない程度の足型をいいます。あまり市場に動きがない場合に現れるローソク足です。
小陰線は実体(胴体)、上下のヒゲとも短いローソク足であり、一般的には弱い持ち合い状態である事が推測でき、調整局面を迎える可能性が考えられます。

十字線について

十字線

いわば市場の引き分け状態を表します。始値と終値が同値で、ローソク足の実体がない形になります。
買い方と売り方の勢力が拮抗している状態ですね。
高値圏では、これまでの買い方の勢いを売り方が止めたと読めるので下落への転換の示唆に、安値圏では、これまでの売り方の勢いを買い方が止めたと読めるので上昇への転換の示唆になります。

ロウソク足分析 | 仮想通貨の買い時

買いとき

ロウソク足を分析することで仮想通貨の買い時が判断できます。実際にどのようなロウソク足の時に買うべきかについて詳細に解説します。

大陽線

大陽線は買い方の大勝利を示します。前述したようにローソク足の実体が、他に比べて明らかに大きく、チャート上で目立つ陽線を大陽線といいますが、売り方の勢いが弱まっており、その後も買いの勢いが続くことを示唆しています。実体の長さの目途としては、普段の値幅の5倍以上です。

陽の丸坊主

買い方の一方的な勝利を示します。上下のヒゲがなく比較的大きな実体をもつ陽線を陽線坊主といいます。

“MEMO”
ヒゲのないローソク足を坊主といいます
買い方は売り方に対して、始値から下の安値を作ることを許さずに始値が安値になっており、高値からの押し戻しも許さずに終値が高値になっています。上下のヒゲがないということは買い方が一方的に押している状況になっており、その後も買い方の勢いが続くことを示唆しています。

下陰陽線・下影陰線・トンボ


“MEMO”
下ヒゲの長い陽線を下影陽線といいます。
買い方の抵抗が強く、最終的にも買い方が勝利した、という解釈になり、安値圏では、上昇への転換の示唆になります。
“MEMO”
下ヒゲの長い陰線を下影陰線といいます。
売り方の勝利であるが、買い方の抵抗が強かった、という解釈になり、安値圏では、上昇への転換の示唆になります。
“MEMO”
トンボは一度安値をつけてから、高値まで戻した時に発生するローソク足
一旦は売りこまれたものの戻したローソク足。底値圏で出てくれば相場の押し戻す力が大きくなってきたことを示します。上昇への転換の示唆になります。

2019年度 | リップルのチャートで解説

下記の図をみてください。

リップルチャート

買い方の一方的な勝利を示す陽の丸坊主が連続して現れ、そして、その出現直後に価格が上昇しています。

2019年度 | ビットコインのチャートで解説

下記の図をご覧ください。

ビットコインチャート

グラフ上で上昇期待の反映と言われる大陽線が現れ、その後価格の上昇が起こっています。四角で囲った大陽線のタイミングかなり大幅な値上がりが起きていますね。市場が動くタイミングを的確に表しているグラフと言えます。

おすすめできる仮想通貨チャートアプリ(サイト)3選

ビットレ君(GMOコイン)​

ビットレ君をリリースしているのはGMOコインです。GMOコインの親会社は金融業界で名が知れているGMOインターネットグループとなっていますので、実績・信頼のある運営会社といえるでしょう。その名声に恥じず、UI/UXも非常に良いと評判です。ビットレ君は完全にスマホ専用のチャートとなっているため、見やすさ・使いやすさはもちろんのこと、チャート機能も充実しています。シンプルすぎずテクニカル指標などもあったり、自分で線を引くことも出来ます。

使うことの出来るテクニカル指標は下記5つです。

  1. 単純移動平均線
  2. 指数平滑移動平均線
  3. ボリンジャーバンド
  4. 一目均衡表
  5. 平均足

ビットレ君で実際に仮想通貨取引をするためにはGMOコインへの登録が必要となります。既にGMOコインへのアカウントを持っている方はアプリのインストールと連携のみで簡単に使用できますが、まだGMOコインのアカウントを持っていない方はアプリのインストールとともに口座開設が必要になります。

bitFlyer

国内のビットコイン取引量No.1の仮想通貨取引所であるbitFlyerが提供するアプリです。こちらも非常に優秀な仮想通貨チャート機能を搭載しています。

bitFlyerのチャートは現在15種類あるのですが、​インジケータもかなり充実していて、自分でサポートラインやレジスタンスライン等を引くことができるのでチャート機能的にも申し分ないと思います。

bvitFlyerではチャートの種類が豊富な上にどれも見やすく使いやすいので、自分の好みに合わせてチャートを使い分けることができるのが最大のメリットといえるのではないでしょうか。

BitMex

BitMexは海外の仮想通貨取引所であり、最大100倍のレバレッジをかけられることが特徴となっていて、世界でもトップクラスのユーザー数・取引額を誇る取引所です。また追加認証が不要となっていたりユーザー側からすると非常に簡単に利用できる仮想通貨取引所の一つとなります。そのため取引量が多く、自分の注文が通りやすいなどの利点もあります。こちらのチャートの機能も非常に充実していて、一般的なインジケーターから少しマニアックなインジケーターまでいろいろなテクニカル手法を使って相場を分析することが出来ます。

ロウソク足のまとめ

一定期間の相場の4本値(始値、高値、安値、終値)を用いて一本の棒状の足を生成したローソク足。このローソク足を並べていくことで、相場の状態や流れを一目でわかるようにしたローソク足チャートは江戸時代に生まれた伝統のあるチャートで、現在では海外でも広く使われています。ぜひローソクチャートを学ぶことで現在、そして今後の市場を把握・想定するために活かしてください。

仮想通貨を買うならこのパターン

ジュビリーエースで出金するタイミングは仮想通貨の買い時

仮想通貨投資と合わせてやるべきことは仮想通貨アービトラージです。仮想通貨アービトラージは仮想通貨の高騰や暴落に関係なく利益をあげ続けることができます。おすすめはアービトラージを全自動で行ってくれるジュビリーエースというシステムですが実は、ジュビリーエース はビットコインでしか出金ができません。ですので、せっかく出金するなら、ビットコインの価格の上昇を狙って出金することをおすすめします。もちろん、出勤するとビットコインは増えますので、上に記載したビットコインの買い時のロウソク足の際にジュビリーエースの出金することをおすすめします。ジュビリーエースについて気になる方やもっと知りたい方は下の記事を参考にしてみてください。
ジュビリーエースの記事に遷移する。

仮想通貨を売るならこのパターン

例として下記2パターンを挙げます。仮想通貨を売るべき時は、ご自身の投資スタイル・目的によりますので、先にご紹介したチャートの読み方を駆使してご自身で判断してください。

上場直後

例えば、ICO案件の仮想通貨を投機目的で保有している場合、第一段階では上場直後になるだろうし、第二段階では上場直後の波が落ち着いて、今後価格の上昇が見込まれないだろうと予測された時になるでしょう。そのタイミングを図るために、上記紹介したようなチャートの動きも参考にしてみてください。チャートが読めるようになると、銘柄ごと特徴が把握できて楽しいですよ。

価格下落トレンドへの転換点「デッドクロス」が現れた際

デッドクロスとは、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に突き抜ける状態のことです。
このポイントで相場が下降傾向に転換するといわれていますので、このタイミングで仮想通貨を売却することで将来的な損失を最小に抑えることが可能となるかもしれません。

MEMO
移動平均線とは、一定期間の各終値の平均値をとり、実線でつないだグラフのこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です