仮想通貨アービトラージのリスクについて徹底解説

ジュビリーエースアービトラージリスク

ローリスクと言われるアービトラージですが、実はお金が減る以外にも様々なリスクやデメリットがあります。本日は、仮想通貨アービトラージをやりたい方向けに仮想通貨のリスクについて説明します。

☟質問・相談したい方はこちら!

ジュビリーエースLINE登録

仮想通貨アービトラージの概要

仮想通貨アービトラージは仮想通貨の取引所間の価格の差を利用して利益を出す手法です。

例えば、A取引所で1BTC:900,000円で購入して、B取引所で1BTC:900,120円で販売すると120円の利益を出すことができます。つまり、仮想通貨の取引所は年々増えており、取引所の手数料の割合なども取引所毎に異なっています。その取引所の手数料の差を利用して、利益を上げる方法がアービトラージです。

ジュビリーエースLPアイキャッチ絶対に負けないと話題のJUBILEE ACEを投資初心者がやってみた

☟ジュビリーエースについてまとめて知るにはこの記事を確認

仮想通貨アービトラージのリスク・デメリットについて

ローリスクと言われている仮想通貨アービトラージですが、もちろんリスクやデメリットも存在します。今回は仮想通貨アービトラージのリスクとして考えられることを2つピックアップして解説していきます。

投資資金が少ないと全く稼げない

資金が必要

一つ目のリスク(デメリット)は仮想通貨のアービトラージは1回の取引で稼げる利益が非常に少ないことです。ビットコインの場合だとおよそ、1,000,000円の資金で1回のアービトラージで稼げる利益はわずか100円前後です。資金と工数の割には、1回のアービトラージで100円程度しか稼げないので、例えば1ヶ月に300,000円の利益を稼ぎたい場合は、1ヶ月あたり100回アービトラージを行ったとしても、資金は約30,000,000円が必要になる計算になります。30,000,000円もあると家を購入して、家賃収入で利益を上げる方がよっぽど費用対効果は良いです。

仮想通貨全体の相場を把握する必要があるので膨大な時間がかかる

仮想通貨 リスク 工数

2つ目のリスク(デメリット)は工数が非常にかかってしまうことです。アービトラージは取引所間の価格の差で利益を出すので、どの通貨がどの取引所でいくらで取引されているのかをリアルタイムで把握する必要があります。もし、アービトラージで利益をたくさんあげたい場合は、取引額などをリアルタイムで価格の変動を把握する必要性があるので、情報収集から管理まで考えると非常に時間がかかってしまいます。

アービトラージの運用通貨 | ビットコインとアルトコインのそれぞれのリスクについて

仮想通貨のアービトラージはどの仮想通貨で運用するべきかを決める必要があります。ほとんどの方は価格の変動が少ないBTCでアービトラージを行っているかと思いますが、BTCもアルトコインもそれぞれリスクはあります。そのリスクについて解説していきます。

ビットコイン(BTC)は送金時間が長いのでその間通貨が暴落する可能性がある

ビットコインは送金時間が長いので、もし、送金中に暴落すると大きく損失を追う可能性があります。仮想通貨でアービトラージを行う際には、取引所にビットコインを送金する必要性が出てきます。実はこの送金時間の間に価格が暴落すると利益は当然マイナスになります。

BTCでアービトラージを行うには下の3Stepで出来ますが、Step2のBTCを送金する際に最低10分かかります。

  • Step1:Aの取引所でBTCを購入
  • Step2:A取引所からBの取引所にBTCを送金
  • Step3:Bの取引所で売BTCを売って利益をあげる

もし、BTCの送金中に価格の暴落が起きた場合は利益は出せませんので、送金速度に対して不満を持っている場合はアルトコインでのアービトラージをおすすめします。

アルトコインは一回の取引の利益がとても少ないので儲からない可能性がある

今度はアルトコインによるアービトラージを行う際のリスクについてご説明します。

アルトコインの場合は送金速度は早いので、BTCのように送金中に価格の暴落によって損失をおう可能性は少ないかと思いますが、アルトコインの場合はほとんど利益が出ません。

せっかく取引所毎の販売価格を調査しても利益が少ないと工数に見合いませんのでおすすめは出来ません。もし、ローリスクで仮想通貨アービトラージの練習をする場合はアルトコインの方がいいでしょう。

仮想通貨アービトラージ | リスクについてのまとめ

上記に述べたように、ローリスクと言われるアービトラージでもリスクはあります。再度簡単にリスクについてまとめます。

    • 軍資金が少ないと全然稼げない
    • 取引所の価格について把握する必要があるため時間がかかる
    • ビットコインの場合、送金時間は最低10分かかるので、その間価格は下落すると損失を負う
    • アルトコインの場合、1回の取引では利益は全然でないので工数に見合わない

仮想通貨アービトラージは莫大な資金も必要ですし、工数も非常にかかってしまいます。筆者の私は手動で仮想通貨のアービトラージを行うことはおすすめできません。しかし、仮想通貨投資と平行にローリスクで資金を増やす方法としては、アービトラージは非常に良いので、筆者の私も使用している全自動アービトラージシステムをご紹介します。

仮想通貨アービトラージ | 工数が少なくても稼げる方法

投資金額が数十万円から数百万円単位で用意ができる方はアービトラージの自動売買ができるシステムを利用した方が確実に利益を出しやすいです。

実際、アービトラージを全自動で取引を行なってくれるので、筆者の私が利用している全自動アービトラージシステムは1週間約2分ほどの工数で月利10%ほど利益をあげております。全自動アービトラージシステム「ジュビリーエース」について気になる方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

合わせて読んで欲しい記事はこちら★
>>ジュビリーエース(Jubilee Ace)投資で稼ぐための記事

☟質問・相談したい方はこちら!

ジュビリーエースLINE登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です